◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
魚の目の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


魚の目になると、痛みで運動や外出が億劫になってしまいます。
軽度の場合は違和感がある程度ですが、ひどくなると痛みを伴います。
鶏眼と表記する場合もあります。
しかも、足の裏にできることが多いのでその痛みにより、歩くのが困難になったりします。
痛みの原因は根が深いことにあります。
タコの場合は、表面の角質層が固くなっているだけなので、痛みは感じませんが、魚の目の場合は、皮膚より深く、押すと神経に当たるほど深いので痛みを感じます。
深いということは、とるのも、大変で自分で削ったりして、とろうとしても、根が深いのでなかなか、完全にとることはできません。
靴があっていない場合など、足がこすれることによりでき、同じ場所が何度もこすれたり、ぶつかったり、同じ刺激を受け続ける事により、できてしまいます。
女性の場合は、ハイヒールを履いたりするので、なりやすく、外反母趾や偏平足と併発することが多いです。
外反母趾と併発しやすいのは、足の親指、小指のところにできるものです。
外反母趾による足の形の変形のしかたをみると、親指、小指に負荷がかかっているのがよくわかります。
偏平足により併発しやすいのは、足の横アーチの中央部分です。
横アーチの中央部分というのは、土踏まずのことで、偏平足では土踏まずが地面に接しているので刺激を受けてしまいます。
しかも、細菌が入ったり、化膿したりして、症状を悪化させる
可能性があるので自分で削ってはいけません。
軽度のウオノメの場合は、病院でもらった軟膏や薬を使用しながら、靴を変えたりすれば完治する場合が多いです。
ひどいものは、レーザーなどで切ることになります。
せっかく治療して治っても、同じような靴で、同じような生活をしていると、再発してしまいます。
再発を防止するためには、以前あった位置に刺激がなくなるように努めます。
高いヒールの靴をはかなければならないときは保護パッドなどが薬局で売っているので、利用します。
皮膚の同じ部分に何度も刺激を繰り返すことによって、皮膚が硬くなり、神経にあたるほど深いところまで入ってしまうものです。
中心に硬い芯ができ、魚の目に似ているので、そう呼ばれます。
先の細い靴やハイヒールなどで、しかも、足にあっていなかったり、歩き方に癖がある場合、なりやすいです。
自分で削ったりして治そうとする人が多いのですが、タコと違い、芯が深いので簡単には治りません。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)魚の目の症状、治療